チケットレス

特急サンダーバード大阪から金沢間のチケットレスサービスはお得なのか

特急サンダーバードは、大阪から金沢・和倉温泉間を結ぶJR西日本北陸本線で運転されています。

サンダーバードで利用できる特急券チケットレスサービスを通常の特急券と比較してお得になるのか検証しました。

特急サンダーバードとは

特急サンダーバードは、主に大阪・新大阪・京都・福井・金沢に停車します。

京阪神から北陸間はビジネス客や観光客の需要が多く、最大12両編成で運行されています。

将来は北陸新幹線が延伸、一部建設中で2023年春に金沢から敦賀間が開業予定です。

特急サンダーバードチケットレスサービスはお得なのか?

結論を言うと特急サンダーバードチケットレスサービスは乗車当日にチケットを購入するならお得です。

後述しますが、予定が決まっていて1ヶ月前からチケット購入できるなら「WEB早特1」がさらにお得です。

特急サンダーバードチケットレスサービスは、JR西日本インターネット予約サービスのe5489で購入する事ができます。

e5489では特急チケットレスサービスを徐々に拡大しており、サンダーバードでは大阪駅から金沢駅間の普通車指定席で利用できます。

JR西日本のe5489は、J-WESTカードというクレジットカードを持っている、持っていないで特急料金の割引額に差を付けていることが特徴的です。

チケットレスサービスには2種類あります。

  • 「eチケットレス特急券」はJ-WESTカード会員限定
  • 「チケットレス特急券」はどのクレジットカードでも利用可能

J-WESTカード会員限定の「eチケットレス特急券」が「チケットレス特急券」より安い価格設定となります。

加えて、ICOCAエリア拡大により大阪から金沢間で交通系ICカードが利用できるようになりました。

チケットレス特急券には乗車券は付いていませんので、別途交通系ICカードか券売機で乗車券を買ってサンダーバードに乗ることになります。

複数人でもチケットレスを利用できるの?

複数人でも利用できます。

誰かひとりがe-5489のユーザ登録しておけば最大6人分までチケットレス購入できます。

シートマップでの座席位置指定は、同じ号車内で好きな座席を選択できます。

サンダーバードの大阪から金沢間の運賃・料金比較

サンダーバードの大阪から金沢間の通常運賃・料金を確認しましょう。

大阪から金沢間の運賃は4,750円、特急料金は、普通車指定席が通常期2,900円・繁忙期3,100円・閑散期2,700円です。

チケットレスで購入すると通常期・繁忙期・閑散期の区分なく通年で同じ価格です。

チケットレス特急券

普通車指定席特急料金のうち「eチケットレス特急券」は2,300円、「チケットレス特急券」は2,700円です。

「eチケットレス特急券」は繁忙期に比べて800円安く、「チケットレス特急券」では繁忙期に比べて400円安くなります。

J-WESTカード会員だとお得

JR西日本の場合、安く特急を利用するためにはJ-WESTカードが必須アイテムになります。

J-WESTカードとは年会費無料のクレジットカードです。

J-WESTカード会員は大阪から金沢間の運賃4,750円とeチケットレス特急券2,250円あわせて7,000円ですので、乗車当日でも最もお得に購入できます。

J-WESTベーシックカードなら1年間に1度でもカード利用すれば年会費は無料です。

JR西日本の特急によく乗車するならばJ-WESTカードは持っておいて損はないクレジットカードです。

乗車1日前までに予約できるならWEB早特1が最もお得

乗車する列車が事前に決まっていれば、大阪から金沢間は「WEB早特1」の6.380円が一番お得になります。
「WEB早特1」はJ-WESTカード会員でなくても購入できます。

ただ、座席数が限られていますので乗車日の1ヶ月前から1日前までの発売となっていますが、乗車前日には売り切れている場合が多いです。

まとめ

大阪から金沢間を特急サンダーバードで移動するなら

安さ重視であれば「WEB早特1」

JR西日本の特急をよく利用し、予約の確実性を求めるならJ-WESTカード会員の「eチケットレス特急券」

JR西日本の特急をほとんど利用する機会がなければ「チケットレス特急券」

 

金沢駅ナカのおいしいお寿司屋さんにランチで行ってみた



-チケットレス

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2020 All Rights Reserved.