旅行豆知識

金沢駅ナカのおいしいお寿司屋さんにランチで行ってみた

更新日:

金沢には大変おいしい回転寿司があります。

まいもん寿司、もりもり寿しがわりと有名な金沢鉄板回転寿司ですが、今回は金沢駅に着いて5分以内に食べに行ける駅直結の回転寿司「廻る富山湾すし玉」がなかなか豪快でおいしいと評判なので行ってきました。

富山湾すし玉の場所

 

富山湾すし玉金沢駅店の場所は、金沢駅のコンコースからエスカレータで百番街くつろぎ館2階へ行けばすぐわかります。

北陸新幹線やサンダーバードで金沢に到着してちょっとお昼でもと思ったら下車して5分程度ですぐに行けますのでアクセスは抜群です。

富山湾すし玉の名前のとおり富山の魚がメイン

廻る富山湾すし玉について写真メインで紹介します。

回転寿司ですので寿司ネタがちゃんと廻っています。目の前で職人さんが握っていらっしゃいます。

お茶と水はセルフサービスで飲み放題、注文はタッチパネルでOK、店員さん呼ばなくていいから気楽です。

目の前に廻ってきた寿司を取ってももちろん大丈夫です。

 

タッチパネルで食べたい寿司を気軽に注文できます。注文した寿司はレーンに流さずに直接持ってきてもらえます。

もうどれもこれもおいしそうで全部注文したいぐらい。

 

なんですかこれ、紅ずわいがにがこぼれそうなぐらい盛られています。

 

ねぎとろも土台のシャリをよりも明らかに大きい豪快さに笑える。

 

金沢で寿司を食べるなら是非味わっておきたい一品が「のどぐろ」とろけそうな味わいが美味

 

朝どれ三種 こちらも1つはのどぐろ入りです。種類を食べたい人には3種盛りがおすすめ。

 

富山湾の宝石と呼ばれる「白えび」も食べておきたい。

 

本まぐろ大トロ お値段さえ気にしなければ何皿でもいける。もはや予算は気にせず大盤振る舞い。

 

富山湾すし玉まとめ

廻る富山湾すし玉金沢駅店は11時開店で、土曜日の開店15分前の到着でしたが10数人の行列で開店と同時に入店できました。

せっかく金沢回転寿司を堪能する目的でしたので、これぞといういいネタ中心に注文しました。

1皿2カン756円の本まぐろ大トロから270円のサーモンまで思う存分食べて2名のお会計18皿8,000円でした。

これだけのネタでこのお値段はとても満足度が高いです。初の金沢回転寿司でしたがとても衝撃的でした。

金沢の回転寿司と100円中心の回転寿司チェーンと同じものであると比較してはいけません。

地元の100円の回転寿司は気軽に行ける寿司なので今後も利用しますが、また金沢に行ったら富山湾すし玉に必ずや訪問することでしょう。

いやはや、金沢の回転寿司を食べ歩きする目的だけで金沢へ行っても充分に価値があります。ぜひ行ってみてください。

金沢駅への鉄道アクセス

金沢駅への鉄道アクセスは、東京からだと北陸新幹線、大阪からだと特急サンダーバードになります。

東京から北陸新幹線で約2時間35分程

大阪から特急サンダーバードで約2時間40分程

日帰りも可能ですが、ゆっくり観光地を満喫するなら宿泊しましょう。

 

特急サンダーバード大阪から金沢間のチケットレスサービスはお得なのか



Relux

-旅行豆知識

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2019 All Rights Reserved.