新幹線

東京から名古屋経由で金沢へ行く方法は?のぞみとしらさぎに乗車する

投稿日:

東京から金沢へ行くには、北陸新幹線を使うと早くて便利です。

通常ならば行きも帰りも同じルートですが、行きと帰りを別のルートにすると旅行の楽しみが倍増します。

そこで東京からのぞみに乗り一旦名古屋駅を経由してしらさぎで金沢に行き、帰りは北陸新幹線で東京へ戻る方法を調べてみました。

東京から名古屋・金沢経由で東京へ

所要時間

東京駅から名古屋駅まで新幹線のぞみで約1時間40分、名古屋駅から金沢駅まで特急しらさぎで約3時間です。

名古屋から金沢へは特急料金を2千円程度追加すると、新幹線で米原まで行きしらさぎに乗り換えすると約2時間30分となり約30分短縮できます。

トータルで電車に乗っている時間は4時間から5時間程度と結構長時間になってきます。

東京から名古屋経由金沢までの距離は622.5Km、金沢から東京までは450.5Kmで合わせて1,073Kmです。

購入方法と値段

東京から名古屋・金沢を経由して東京までにかかる値段の合計は26,020円です。

東京から名古屋・金沢経由で東京のように後戻りしなければ区間内で途中下車ができます。

乗車券(東京都区内から東京都区内まで) 12,960円

指定席特急券

  • 東京駅から名古屋駅 のぞみ 4,830円
  • 名古屋駅から金沢駅 しらさぎ(乗継割引) 1,450円
  • 金沢駅から東京駅 かがやき 6,780円

このようにして特急券を買うと名古屋駅で途中下車をして観光することができます。

 

インターネット予約サイトえきねっとでは、駅を出発してまた同じ駅に戻るような乗車券は購入できません。ですので駅の窓口で買うことになります。

ただし東京都区内の違う駅を発着に指定すると購入できるようです。

試しにえきねっとで購入してみました。

利用区間を東京駅から神田駅にして経路指定を名古屋駅・金沢駅・長野駅で設定します。

 

こうすると東京駅から神田駅まで隣の駅ですが、東京都区内からぐるっと大きくまわって東京都区内まで12,960円で発券されます。

 

東京駅発から東京駅着に設定するとエラーとなります。

東京から金沢へ北陸新幹線で往復

東京駅から金沢駅まで北陸新幹線指定席で往復すると28,240円となり、なんと名古屋経由よりも高くなります。

東京駅から金沢駅までの距離は450.5Km、往復すると901Kmと先ほど示した名古屋経由よりも距離が短いにもかかわらずです。

その理由は、北陸新幹線の上越妙高駅でJR東日本とJR西日本の境界となっており、会社をまたがって乗車すると割高な特急料金設定となっているからです。

東京駅から金沢駅までの乗車時間は2時間30分と名古屋経由より圧倒的に早く着きますので、ただ単に安いからと言って名古屋経由を選ぶわけにはいかないでしょう。

通常料金で買うと高いですが、えきねっとトクだ値を利用すれば往復で25,400円です。約10%も割引されますので北陸新幹線はインターネット予約を活用しましょう。

東京から名古屋経由金沢ルートはのんびりと旅を楽しむ人にはおすすめです。

 

鉄道旅行系ユーチューバーのスーツさんが名古屋経由ルートについて紹介されていてこの動画を見るとよくわかります。

 

 



Relux

-新幹線

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2019 All Rights Reserved.