のりもの

成田空港へは成田エクスプレスとスカイライナーどちらに乗る?

投稿日:

東京都内から成田空港へ特急電車でのアクセスは、「成田エクスプレス」「スカイライナー」2つの方法があります。

どちらを利用すればいいのか迷いませんか?

「成田エクスプレス」と「スカイライナー」に初めて乗車、しかも成田空港も今まで行ったことがない成田とは縁遠い私が体験してきました。

乗車後の印象は直感的にスカイライナーの勝ち

成田エクスプレスとスカイライナーはそれぞれに特徴があってどちらも甲乙付けがたいところですが、先に結論を言いますとスカイライナーの勝ちです。

ホント感覚的なものですが、京成スカイアクセスでの在来線最速160キロ運転の爽快感が乗っていて心地がいいのです。

成田空港って思っていたよりも近いと感じさせてくれたスカイライナーに軍配を上げました。

これだけスカイライナーを持ち上げてしまうと成田エクスプレスの出番がなくなってしまいますが、成田エクスプレスにもまた違った良さがあります。

成田エクスプレスとスカイライナーを比較する

早朝のスカイライナーで成田空港へ行きそのまま成田エクスプレスで東京へ戻るような、特急に乗るためだけのあまり普通の人では行わない行為から得た知見によって両者を比較してみます。

外観のデザイン

成田エクスプレス

 

スカイライナー

先頭車の外観を比較します。

流線型のスカイライナーが新幹線を思い起こさせます。スピード感あふれるデザインです。

成田エクスプレスは、JR特急でよくある高い位置に運転席を設けて連結時に通り抜けできる貫通路がある構造です。

貫通路がある分デザインに制約がありますが、それをブラック地にN'EXと航空機を表した大胆な装飾でカバーしています。

成田エクスプレスとスカイライナー共にかっこいいです。

車体ロゴ

成田エクスプレス

 

スカイライナー

いつの頃からか特急車輌には大型のロゴマークがデザインされる傾向になっています。

いつ頃からロゴマークが流行りだしたのかあまり意識したことがないですが、このロゴマークを見ると体が奮い立つようなワクワク感を覚えます。

成田エクスプレスのロゴには、International Airport Access Narita Express N'EXと航空機が融合したデザインです。

京成スカイライナーのロゴは、SKYLINER AIRPORT EXPRESSとスカイライナーの頭文字の意味であろうSを筆で書いたような躍動感あるデザインです。

どちらもすばらしいデザインですが、個人的好みは成田エクスプレス。

思い起こせば1991年に登場した先代車輌253系から引き継いだN'EXのロゴマークを見た時にはカミナリに打たれたような衝撃でした。

国鉄からJRとなり民営化を感じさせる先進的な成田エクスプレスのデザインに感動したものです。(機会がなくて乗っていないのですが)

成田エクスプレスのロゴを見るといまから飛行機乗りに行くぞ!と気合が入るような感じがします。そうは言うものの今回は成田空港に行っただけですが。

シートデザイン

成田エクスプレス

 

スカイライナー

 

スカイライナーのシートは見た目すっきりとした印象で、乗車時間が短いこともあるのか無駄なく機能的です。

成田エクスプレスは赤で統一した少しだけですが派手さを感じさせる構造、その分手あかによる汚れが目立つのが残念。

JR東日本の特急車輌には欠かせない上下に動く枕のようなヘッドレストが装備されています。



Relux

-のりもの

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2019 All Rights Reserved.