新幹線

スマートEXはスマホで手軽に新幹線の予約ができるようになる

JR東海とJR西日本は、Suicaをはじめとする交通系ICカードを使用して新幹線に乗車できる「スマートEX」サービスを2017年9月末より開始することを発表しました。

既にEX予約(エクスプレス予約)と言うあらかじめインターネットで東海道山陽新幹線の座席を予約し、エクスプレス会員専用ICカードでチケットレス乗車ができるサービスはあるのですが、エクスプレス会員になるためには「専用クレジットカード」の入会と年会費1,080円の支払いが必要です。
東京から新大阪間なら毎年1回新幹線を利用すれば元はとれますが、そうでなければエクスプレス会員になることは少しハードルが高いのです。

最近は外国人旅行客が増加した影響もあり、新幹線のきっぷ売場は大混雑です。
スマートEXサービスが開始されると、交通系ICカードとクレジットカードがあれば事前にインターネットで予約ができますので、駅窓口の混雑緩和に一役買いそうです。

スマートEXの内容

  • 東海道・山陽新幹線の東京から博多間が対象区間
  • 今持っているクレジットカードと交通系ICカード(SuicaやICOCAをはじめとする10種類)を登録
  • 年会費は無料で、運賃・料金は駅とほぼ同じ価格(わずかながらも割引がある可能性に期待)

現在判明している内容はこんな感じで、サービス詳細は今後明らかになります。

対象のクレジットカードは、VISA、mastercard、JCB、アメリカン・エクスプレス、Diners Club、J-WESTとなり、交通系ICカードは、Suica、ICOCA、TOICA、Kitaca、PASMO、manaca、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけんの10種類です。

新幹線チケットレスサービスは、

  • 自宅でもインターネットで予約できる。
  • 乗車前までなら乗車列車の変更や座席の変更ができる。予定が変わり乗り遅れそうになっても駅に行かずに切符の変更ができるので安心。
  • 自分の好きな座席を選んで予約ができる。比較的空いてそうな車両を調べてゆったりと座れる。
  • 混雑した駅窓口に並ばなくてもよい。

というところが便利なのです。

交通系ICカードで乗れるなら、エクスプレス予約の問題点の「新幹線乗車駅までのJR乗車券は別途購入」※1が解消すればと思いましたが、やはりスマートEXも同じく在来線運賃は別途引き去るとのことでした。

※1 JR運賃は通算して買えば安くなりますが、エクスプレス予約では新幹線駅間の運賃と在来線の運賃が別精算となり乗車区間によっては割高になってしまうことがあります。

新幹線をネットで予約するスマートEXのメリットとデメリットとは

 目次 新幹線旅行のまとめページ



-新幹線

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2020 All Rights Reserved.