予約方法

新幹線こだまの割引料金を上手に利用!時間に余裕がある方におすすめ

東海道・山陽新幹線の「こだま」は利用区間によって多くの割引料金があります。
「こだま」は自由席の利用が多く、指定席やグリーン車の空席が目立つ事もありその空席を埋めるために割引をしてでも乗ってもらいたい事情があります。

新幹線を安く利用するなら「こだま」に限ります!

東京行こだま

こだまで使える割引料金は?

「こだま」で利用できる割引には大きく分けて3つのタイプがあります。

  • 回数券・往復など割引きっぷ
  • エクスプレス予約やスマートEXの早特商品
  • 旅行会社のツアー商品

こだまの割引 回数券・往復など割引きっぷ

こだま号専用グリーン回数券

普通車指定席料金に1回あたりたったの500円をプラスするだけで、こだまのグリーン車に4回乗れる回数券です。

設定区間が限定されていて、東京から熱海・三島・新富士・静岡・掛川・浜松・豊橋・三河安城間で利用できます。
主にのぞみが通過してしまう静岡県と東京間をよく利用する方におすすめです。

シャトルきっぷ

岐阜県の穂積・大垣地区から米原駅までの在来線普通車自由席と米原~京都・新大阪間の新幹線「ひかり」「こだま」の普通車自由席を利用して往復できるきっぷです。

例えば、大垣から新大阪まで利用するなら往復通常料金が10,140円のところ、シャトルきっぷなら6,340円と大幅な割引となります。

ただしこのきっぷの利用には注意点があります。

大垣地区⇒新大阪⇒大垣地区の往復利用であり、新大阪⇒大垣地区⇒新大阪の往復利用は出来ない事。

米原から新大阪間は在来線の新快速を利用すれば、片道50分程度時間が増加するものの往復5,180円でシャトルきっぷより少し安い。片道500円ちょっとのプラスなら新幹線に乗ってしまうかも。

こだま指定席きっぷ

「こだま指定席きっぷ」は山陽新幹線内の割引きっぷで、インターネット予約のe5489専用商品です。

次に紹介するエクスプレス予約やスマートEXで割引となる早特商品は、「こだま」利用に限ると東海道新幹線を中心とした利用に限定されているのです。

当日予約が可能なEX予約サービスを新大阪から博多間の各駅間を指定席の値段は、「のぞみ」「ひかり」「こだま」全部同額となり、「こだま」をEX予約サービスで利用すると割高感があります。

例えば、新大阪から広島間をこだま指定席利用だと、EX予約サービスは大人片道9,320円に対して「こだま指定席きっぷ」なら6,820円となるのです。

ただし注意点は、「こだま指定席きっぷ」は乗車の1日前までにe5489で購入する必要があります。当日購入できないのです。

e5489で予約しよう!山陽新幹線の新大阪から博多間を利用するなら必須?

e5489で予約しよう!山陽新幹線の新大阪から博多間を利用するなら必須?

山陽新幹線の新大阪から博多間さらに九州新幹線まで乗車するなら、JR西日本のインターネット予約サービスの「e5489」(いいごよやく)を利用するとエクスプレス予約よりもお得な割引価格で新幹線を利用するこ ...

エクスプレス予約やスマートEXの早得商品

今まで紹介したきっぷは比較的短区間の利用でしたが、エクスプレス予約やスマートEXの早特商品なら東京から新大阪間のこだまを割引料金で利用できます。

こだまは早特でグリーン車に乗ろう!割引料金でお得にのんびりと移動

こだまは早特でグリーン車に乗ろう!割引料金でお得にのんびりと移動

新幹線「こだま」のグリーン車には、エクスプレス予約やスマートEXの早特商品を利用すればお得な割引料金で乗ることができます。 東海道新幹線こだまで利用できるエクスプレス予約会員やスマートEX会員向け早特 ...

旅行会社のツアー商品

旅行会社のJR東海ツアーズが販売するツアー商品のある「ぷらっとこだま」が有名です。

ぷらっとこだまを予約して東京~大阪間を安く移動しよう

ぷらっとこだまを予約して東京~大阪間を安く移動しよう

「ぷらっとこだま」は東海道新幹線こだま利用に限定し、格安に東京~大阪間を移動できるお得な旅行商品です。 1ドリンク引換券付きで350mlのビールにも引換できるちょっとしたうれしいサービス付なのです。 ...

紹介した予約方法で「こだま」をお得に利用してみましょう!

 目次 新幹線旅行のまとめページ



-予約方法

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2020 All Rights Reserved.