その他

dマガジンは雑誌読み放題!読んでみた感想と評判は?

情報収集はインターネットで十分!雑誌なんてもう終わりなのかな?
なんて思っていた事もありましたが、月額料金の安さの魅力もあって「dマガジン」を契約しました。

ネット情報はあまりにさまざまな意見が多くどの情報を信用して良いものか判断に迷うところがありますので、知りたい情報の判断材料のひとつに雑誌は必要かな?と再認識しました。

そこで以前より気になっていた雑誌読み放題「dマガジン」を利用しましたので感想など書いてみます。

dマガジンの月額料金は?

dマガジンは170誌以上の雑誌が月額400円(税抜)で読み放題となります。

ドコモのサービスですが、ドコモ契約者でなくてもdアカウントを登録することでauやソフトバンク、格安SIMのほかWi-Fiでも利用できます。

1アカウントにタブレット・スマートフォンを5台まで接続できるので家族とも共用可能です。
移動中でもあらかじめ自宅のWi-Fiでダウンロードしておけばパケットを使わずに読むことができます。
パソコンからでもインターネットブラウザを使って利用できます。

dマガジンを使ってみて残念なところ

月額400円と言うことは雑誌を1冊を買う値段より安くてお得だなとは思いましたが、なかなかそうは甘くなく残念な点もあります。

例えば「鉄道ファン」は紙媒体だと約180ページあるところdマガジンでは114ページのみの掲載となっています。
つまりページ全部を読めないのです。

主な掲載されないページとは、

  • 広告はどの雑誌でも基本的に掲載されません。
  • 雑誌発行元の都合でページが省略されていることがあります。
  • 掲載許諾の権利関係から画像が切り取られていることがあります。(インターネットの画像掲載に慎重な○○事務所のタレントなど)

鉄道ファンはメイン記事が掲載されるのでまだ良心的です。
雑誌によっては表紙に大々的に書かれている気を引くような記事があって読みたい気分が高まっているのにも関わらず、内容はメイン記事がほとんど読めなくて落胆してしまうような雑誌も中にはあります。

dマガジンはトップに雑誌の表紙が並んでおり、利用者はそれを見て読みたい雑誌を選びます。
記事の途中でページが抜かれていて前後がつながっていない内容になっていることもあります。

これを読み放題と宣伝するのは微妙かなと思いますね。

dマガジンに不満は残るもののいいサービス

出版元の思惑としては、dマガジンを自社の電子書籍や紙の雑誌購入へつなげたい営業上の作戦や宣伝効果として利用していることが考えられます。

dマガジンの出版元への収益配分構造はわからないので推測ですが、もし自社の雑誌を読むユーザーが多いほど収益が上がる仕組みであるのなら、メイン記事が読めない事は少々問題ではないでしょうか。

おそらくこの記事を読んでいただいてる人は、dマガジンを契約してもいいのか悩んでいるでしょうからデメリットを中心に書きましたが、すべての記事が読めないにしても月額400円との対価を考えるとdマガジンは流行りのネタ探しができてそこそこ満足なサービスです。
不満は多少あるものの今も契約を続けています。

意外なメリットは、私は男性なのですが女性誌も気軽に読めること。
書店で情報収集に女性誌なんて読むことは他人の目が気になりますから。

dマガジンと比較するなら

dマガジンとの比較となるサービスで「楽天マガジン」があります。
楽天マガジンは月額380円(税抜)で約200誌の雑誌が読めます。

31日間無料お試しができて楽天ポイントが貯まりますので、楽天を良く使う方には楽天マガジンを選んでもいいでしょう。
楽天マガジン

最初はdマガジンと楽天マガジンのどちらにしようかと考えましたが、読める雑誌の種類が微妙に違います。
読みたい雑誌があるほうを選べばよいでしょう。

dマガジンで読める人気雑誌16選を全力で紹介!

dマガジンで読める人気雑誌16選を全力で紹介!

雑誌読み放題サービスのdマガジンでよく読まれている16の人気雑誌を紹介します。 dマガジンはこれから紹介するすべての雑誌が月額400円で読み放題となるサービスです。 目次1 dマガジンでよく読まれる人 ...

続きを見る

 関連記事 アノマリースタイルトップページ



-その他

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2020 All Rights Reserved.