駅弁・車内販売

うにいくら黄金鮭弁当を東京駅の人気駅弁屋祭で購入

東京からの新幹線に乗って帰る前、弁当を買うために立ち寄った場所が、東京駅在来線構内のグランスタにある「駅弁屋 祭」です。

以前にここで買っておいしかった弁当「えび千両ちらし」を今回も食べようかなとやってきましたが、見事に売り切れで残念です。人気があるのですねえ。

ケース左端、えび千両ちらしコーナーは空っぽ

 

食べ物に関してあんまり冒険はしたくないのですよ。美味しいものはひたすら飽きるまで食べ続けたい性分です。でも違う弁当も選ばないとブログネタにならないので店内ぐるぐると巡ります。この店には多数の各地の駅弁が販売されており、夕方になると店内はとても混雑するためどの弁当にしようか探すにもひと苦労します。

そして今回見つけた駅弁は、「うにいくら黄金鮭弁当」で北海道の弁当です。

 

最近年を取ったせいなのか真っ先に魚がメインの弁当に手が伸びてしまいます。昔は必ず肉系弁当を選んでいたものですが。

弁当を購入して新大阪行の新幹線のぞみへ乗車します。今日ののぞみは満席なので隣に知らない人が来る前にさっさと撮影です。
「うにいくら黄金鮭弁当」を開封しますと大きい焼鮭の切り身がドンと鎮座しています。
いくら・うに・たまごそぼろがご飯の上を覆い隠しています。茶色に見えるものは鶏そぼろと見間違えますが「うに」です。
右サイドには里芋とレンコン、漬物があります。

 

東京を出発し右手に見える有楽町や新橋の夜景を眺め、品川駅へ着いたころから弁当に箸をつけます。
鮭は塩麹に漬け込まれて柔らかく、箸でほろっと身が崩れます。いくら・うにも入っておりなかなか豪華で期待以上においしい弁当です。
ごはんがしっかりと入っているのでおなかいっぱいになります。小食だときつい量かもしれません。

 

うにいくら黄金鮭弁当のお値段は1,080円です。ついでにレジ横に置いてある味付けゆで卵を100円で購入し合計1,180円です。このゆでたまごは黄身に味が染みていてこれもまた美味なのです。

 

東京駅で駅弁を買うならとりあえず駅弁屋祭に行くと良いでしょう。
場所は東京駅の在来線改札内ですので、駅弁屋祭へ新幹線に乗る前に買いに行こうとするならば新幹線の改札から入るのではなく、まずは在来線改札に新幹線のきっぷを入れて入場しましょう。
弁当を買ったら新幹線のりかえ口でもう一度新幹線のきっぷを改札に入れると新幹線乗り場に行くことができます。

えび千両ちらしは東京駅の駅弁屋で買える人気駅弁

 目次 やっぱり新幹線の旅は最高ですよ

 



-駅弁・車内販売

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2020 All Rights Reserved.