近鉄

近鉄観光特急しまかぜを確実に予約する方法

更新日:

三重県の伊勢志摩へ行くなら豪華リゾート特急「しまかぜ」に乗車しましょう。

そのしまかぜの魅力をお伝えするために、しまかぜ乗車記に加えて確実に予約する方法をお届けします。

 

近鉄特急しまかぜとは

しまかぜは伊勢志摩エリアへの観光特急として2013年から運行を開始し、車内設備の豪華さが特徴で大阪難波駅、京都駅、名古屋駅からサミット会場となった志摩観光ホテル最寄り駅の賢島駅へ1日1往復しています。

プレミアムシートや個室があり座席がゆったりとした造りになっています。そのため1編成の乗車定員が138名と通常の特急よりも少なく、6年経つ現在2019年でも予約が取りにくい状況が続いています。

しまかぜの豪華な旅を体感

今回は近鉄京都駅から出発です。

京都駅の近鉄改札口は、新幹線からの乗り換えが非常に便利で新幹線ホームの階段から近鉄の改札口まで2〜3分ぐらいで行けるのではないでしょうか。

新幹線改札口と近鉄改札口の間には土産物購入や食料調達のためのお店が充実しております。

 

しまかぜの外観です。先頭部の多面的でシャープな造形がとてもかっこいい。

撮影場所は終着の賢島駅です。賢島駅まで乗車する方ならシャッターチャンスは賢島駅でたっぷりとあります。

 

車内には無料で使える荷物用ロッカーがあります。大きな荷物はロッカーに入れておくと座席付近が広く使えます。後に出てくるカフェ車両へ行く時に荷物の心配をしなくて済みます。

しまかぜプレミアムシートは新幹線グリーン車を超える?

すべて本革プレミアムシートで新幹線のグリーン車を超えると言ってもいいんじゃないでしょうか。

足元がとても広々としてゆったりと座ることができます。

 

2人掛けと通路を挟んで1人掛けシートの配置です。

 

大型ヘッドレストと読書灯が装備されています。

 

充電用コンセントは各席1つずつあります。

 

木目調のテーブルは前席背面と肘掛けに収納されている2種類使用できます。

前席との間隔が125cmと広いため前席背面の大型テーブルは手前にスライドが可能です。

 

シートには腰の部分にマッサージ機能が搭載されていて操作パネルで設定します。

 

乗車直後にアテンダントさんから記念乗車証とおしぼりをいただきました。

 

しまかぜカフェ車両の混雑具合を確認

カフェ車両は2階建てとなっています。1階は6席で2階は13席ありますが満席だとしばらく待つことになります。

カフェの営業は乗車後しばらく後になりますので、乗車後すぐに並ぶと確実に座る事ができるでしょう。

次の画像はカフェ車両2階です。どちらかと言えば2階のほうが明るくて開放感があります。

前面展望のモニターや空気清浄機が完備されています。

 

今回は海の幸ピラフを注文しました。ミネラルウォーターのクリスタルガイザーがセットで付いてきます。

 

真ん中で鎮座する伊勢海老の中身が気になりますね。

裏を返すとすぐに食べる事ができるようにする配慮からかすでに実はこのようにくりぬかれてあります。

 

妻と子供は松坂牛カレーを注文しました。

 

食後にはスイーツセットを注文しました。
このケーキは大阪難波・京都・名古屋発それぞれ違う店のケーキが準備されており、京都発着のしまかぜでは京都の名店マールブランシュのケーキを楽しむことができます。

セットのドリンクは、有機栽培コーヒー・リプトン紅茶・アイスコーヒー・アイスティーの中から選べます。

手前にシェルレーヌと言うG7伊勢志摩サミットのコーヒーブレイクで提供されたお菓子が付いています。

 

マールブランシュの店舗と同じケーキです。ここのケーキはとてもおいしくて、しまかぜで食べることができるとはもう感動です。

しまかぜのカフェ車両ですばらしいサービスを受けることができとても満足しました。

しまかぜは食事やお土産が充実

しまかぜでは狭い車内ではあるものの食事やお土産が充実しています。

メニュー表をみていただくとおわかりいただけると思います。

食事にお酒類やおつまみ、お土産、スイーツ、しまかぜオリジナルグッズとなかなか豊富に商品があります。

 

記念にしまかぜオリジナルグッズを購入です。ホッチキスとキーホルダーを入手しました。

 

京都駅から2時間47分で賢島駅に到着です。

カフェ車両の居心地がよく、あっという間に着いた感じでもっと乗っていたかった気分です。

プレミアムシートに座っているだけだと退屈する時間かもしれませんが、カフェ車両を利用すると時間が経つのが早く感じるのでしょうか。

名古屋発のしまかぜだと2時間程度ですのでもっとゆっくり走行していいのかもしれません。まあ車両運用の都合があるとは思いますが。

沿線景色ですが、意外と海のそばを走行している区間が少なく、海が見えるのは鳥羽駅付近と賢島駅到着前ぐらいのようです。

 

賢島駅では京都からのしまかぜと大阪難波からのしまかぜ2編成が停車中。

しばらくの間停車していますので、撮影時間はたっぷりあります。

 

伊勢志摩国立公園賢島にサミットで2016年5月に先進国首脳がやって来たのです。

ホテルアクアヴィラ伊勢志摩で温泉と海の幸バイキングを堪能

都リゾート奥志摩アクアフォレストで温泉と海の幸バイキングを堪能

三重県観光地のひとつ伊勢志摩へやってきて、リゾートホテルの「都リゾート奥志摩アクアフォレスト」に宿泊しました。 2016年の伊勢志摩サミット開催中はアメリカ代表団の関係者が拠点として利用したようです。 ...

しまかぜの運行区間は?

しまかぜには3つの運行区間があります。

  • 近鉄名古屋から賢島
    近鉄名古屋駅を10時25分に出発し、賢島駅12時26分に到着
    東京方面より新幹線からしまかぜにのりかえるなら近鉄名古屋発が便利です。
  • 大阪難波から賢島
    大阪難波駅を10時40分に出発し、賢島駅13時2分に到着
  • 京都から賢島
    京都駅を10時に出発し、賢島駅12時47分に到着
    岡山、広島、博多方面より新幹線からしまかぜにのりかえるなら京都発が便利です。 

しまかぜに乗車するために必要な料金は?

近鉄特急に乗車するには、普通運賃・特急料金が必要です。
さらに、しまかぜに乗車するには追加で「しまかぜ特別車両料金」が必要です。

  • 近鉄名古屋から賢島
    大人普通運賃 1,970円 特急料金 1,610円 しまかぜ特別車両料金 1,030円 合計 4,610円
  • 大阪難波から賢島
    大人普通運賃 2,310円 特急料金 1,610円 しまかぜ特別車両料金 1,030円 合計 4,950円
  • 京都から賢島
    大人普通運賃 2,530円 特急料金 1,900円 しまかぜ特別車両料金 1,130円 合計 5,560円 

和風個室、洋風個室を利用するには上記の他に個室料金(1室1,030円)がプラスされます。

プレミアムシートの設備やサービスの対価としてしまかぜの料金設定は非常に安いです。もっとしまかぜ特別車両料金をとってもいいんじゃないかと思うぐらいですが、このリーズナブルな料金設定だからこそ私が何度もしまかぜに乗車することができる訳です。

しまかぜを確実に予約する方法

この優雅なしまかぜに乗るためには座席の予約が必要です。
1か月前から予約できますが、運行本数が少ないため土日祝日はまだまだ予約が取りづらく発売日には座席がほぼ埋まってしまう状況が続いています。

しまかぜの空席状況は、近鉄ホームページまたは近鉄インターネット予約・発売サービスで確認できます。

確実に予約する方法その1 近鉄インターネット予約・発売サービスで購入する

近鉄インターネット予約・発売サービスは会員登録をしなくてもクレジットカードとスマートフォンさえあれば単発でしまかぜ座席の予約購入ができ、駅でのチケット発券は不要です。乗車券は別途駅で購入するかSuicaなどの交通系ICカードで支払う必要があります。

乗車日の1か月前(前月の同じ日)の午前10時30分に発売開始されます。

運まかせではありますが午前10時30分の発売開始と同時に予約を取りましょう。

予約にはコツがあって、発売開始前にログインして乗車日と時刻や乗車人数の購入条件までは入力できます。

次の画像のように「発売開始前です」まで入力を終えておくとあとは10時30分と同時に次のステップへ進めば多少の時間短縮となります。

長い時間操作しないままだと自動的にログアウトされますのでそこは注意です。

惜しくも発売日当日にしまかぜすべての座席が予約されてしまったとしても、乗車日に近づくにつれて予定が変わった等の理由でキャンセルされる場合があります。
インターネット会員になっておけば、どの座席が空席なのかリアルタイムで確認できます。
1人分の座席なら頻繁に残席状況を確認すれば結構な確率で予約できます。

何度も予約状況を確認しているとたまたま先頭車両の一番前の座席を取れたことがあります。粘り強く確認しましょう。

確実に予約する方法その2 しまかぜツアーに申し込む

インターネット予約を使ってしまかぜの予約を取ることはなかなか大変です。
特急券が発売開始となる乗車日の1か月前はもしかしたら仕事中でスマホを見ることができないかもしれません。

予約など手配が簡単な旅行会社のしまかぜ乗車ツアーを利用しましょう。

発売時には旅行会社がある程度座席を押さえているため、しまかぜ乗車ツアーに申し込めば確実にしまかぜの座席を予約することができます。
しまかぜを運行する近鉄の予約に強い旅行会社のクラブツーリズムでは、しまかぜがセットになった旅行が豊富に用意されています。

しまかぜを確実に予約するには クラブツーリズム 鉄道の旅 をご覧ください。

 

スマートフォンなら右上の検索を押し検索窓で「しまかぜ」と入力します。

 

 

パソコンからはホームページ クラブツーリズム 鉄道の旅 に移動し、観光・イベント列車の旅をクリックします。

 

東海・近畿エリアをクリックします。

 

しまかぜ特集ページへ進みます。

 

観光特急しまかぜ乗車ツアーが表示されます。

 

例えばこんなツアーがあります

しまかぜで行く伊勢神宮と寝台特急サンライズで行く出雲大社でパワースポット巡りの贅沢な旅です。

座席予約が取りにくいしまかぜよりもさらにチケットが取りづらいサンライズの個室もセットになっています。

 

こちらはしまかぜと青のシンフォニー両方に乗れるプランです。

宿泊は、志摩観光ホテルと奈良ホテル両方に泊まる贅沢なツアーです。

 

 

個人旅行では味わえないようなツアーが盛りだくさんですので、

詳しくは、公式ホームページ クラブツーリズム 鉄道の旅 または下のリンクボタンからご覧ください。

 

豪華列車しまかぜに乗車して伊勢志摩を訪れたことで、ゆったりとした非日常空間を楽しむことができました。

この記事を参考にしまかぜの旅をお楽しみいただければ幸いです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

下のSNSボタンでこの記事を拡散いただけるとブログ更新の励みになりますのでよろしくお願いします。



Relux

-近鉄

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2019 All Rights Reserved.