キャッシュレス

交通系ICカードのキャッシュレス消費者還元事業対応状況

更新日:

2019年10月1日からの消費税増税に合わせて行われるキャッシュレス消費者還元事業について交通系ICカードの対応状況を調べました。

最大5%の還元を2020年6月までの期間受けることができます。

そこそこ期間が長く、一部のコンビニやマクドナルドでも還元対象店舗になるようですので現金で支払っていた人はぜひともキャッシュレスを活用したいものです。

交通系ICカードのキャッシュレス消費者還元事業対応状況は?

全国には10の交通系ICカードが発行されていますが、全部が対応するのではありません。

対象店舗で用意される決済端末は交通系ICカード共通で支払いが可能ですが、ポイント還元はICカード発行元が行います。

例えばポイント還元対応しないTOICAだと対象店舗で支払いできても還元はされないことになるので注意しましょう。

対応するカードを持っていても事前にインターネットで登録する必要がある場合がありますのでホームページで調べておきましょう。

対応する交通系ICカード

  • Suica スイカ
  • PASMO パスモ
  • manaca マナカ(エムアイシー発行カードのみ対応)
  • PiTaPa  ピタパ
  • ICOCA  イコカ
  • nimoca ニモカ
  • SUGOCA スゴカ

対応しない交通系ICカード

  • TOICA トイカ
  • Kitaca キタカ
  • はやかけん
  • manaca マナカ(名古屋交通開発機構発行カードは対応しない)

manacaだけはカード発行会社で対応が二分するというややこしい事態になりました。

manacaは2種類あり、エムアイシー発行とは名古屋鉄道の関係会社が名鉄で発行しており、名古屋交通開発機構発行とは名古屋市交通局で発行されているカードです。

カード裏面に発行会社が記載されていますのでエムアイシー発行と記載されていれば大丈夫です。

ポイント還元対応するしないで、各発行元の交通系ICカードへの力の入れようが見て取れる気がしました。

キャッシュレス支払いでいくら還元されるのか

キャッシュレス消費者還元制度の対象店舗でキャッシュレスで支払いすると支払額の最大5%還元されます。

店舗によって還元率は異なり、2%還元の店舗もあります。

対象店舗はこのマークが目印です。

 

対象店舗はこちらで確認できます。

ポイント還元を受けるには会員登録が必要

交通系ICカードを使ってキャッシュレスポイント還元を受けるには、ホームページで会員登録が必要です。

登録をしなければポイントが戻ってこないので必ず登録をしましょう。

ピタパを利用しているなら入会時に利用者情報が登録済なので特に手続きは不要です。

登録方法は次の各リンク先よりご覧ください。

対応する交通系ICカードを持っておこう

キャッシュレス消費者還元事業は交通系ICカード以外にもクレジットカードやQRコード決済などの支払いでも対象となります。

クレジットカードを持っていない学生さんだと、紹介した交通系ICカードを使ってコンビニやマクドナルドで支払うといいでしょう。

交通系ICカードはコンビニで現金チャージができます。

iPhone7以降のフェリカ対応機種を持っているならiPhoneでSuicaをすぐに発行できます。

東日本だけでなく全国どこでもSuicaは使えます。

交通系ICカードで支払いするだけで最大5%割引になるようなものですから現金払いはやめてキャッシュレスを活用しましょう。

電子マネーの種類が多すぎる!選ぶべき2つのICカードとは

電子マネーの種類が多すぎる!選ぶべき2つのICカードとは

電子マネーの種類が最近やたらと増えてきました。 現金を持たない便利さは電子マネーを利用すればすぐに実感できるのですが、 種類が多すぎるとどの電子マネーを選べばよいのかなかなか決めることができませんよね ...



Relux

-キャッシュレス

Copyright© アノマリースタイル ~ANOMALY STYLE~ , 2019 All Rights Reserved.